拝読 いたし まし た。 「拝読(はいどく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

4つ目の例と同様、メールへのファイル添付を忘れるということも良く起こります。

5
html 質問者の対応を待っていました。 この記事の目次• お子様にお渡しいただけますか。

「でかい」とか「うまい」よりはずっとマシってレベル。 「部長、私がお書きいたします」 「お客様へのお礼状は私がお書きいたしました」 書いていただく 「書いてもらう」ことを謙った表現です。

9
メールで便利な「ご査収」 「査収」は、「よく確かめて受け取る」という意味の言葉です。 たとえば、メールに添付したファイルを確認してほしいときに「資料を添付いたしましたのでご査収ください」と書き添えれば、「読んでください」「受け取ってください」という二つの意味を同時に伝えられます。

相手がその本や新聞記事を書いた本人だったり、本をくれた相手の場合は「拝読しました」が使えますが、それ以外の場合は丁寧語を使います。 「拝読する」という行為が向かう先に対しての謙譲ではない、という点が大事です。

敬語表現 「拝読」は、謙譲語という敬語です。 プリッツさんも2回目拝読開始、おめでとうございます! と言わせて頂きます。

ついつい「お読みになられましたか?」と使ってしまいそうですが「お読み頂けましたか?」とするのが正しい尊敬語となります。 たとえば「拝見」「拝読」の使い分けについて悩んだとき。

1
6 お求めやすい。

拝読の使い方と注意点 「拝読」は、自分に対して使う言葉であって、相手に対して用いるのは間違いです。 ビジネスシーンで耳にすることがありますが、二重敬語に不自然さを感じている人も多いはずです。

3
「拝読します」とシンプルな使い方がベターです。

基本形 尊敬語 謙譲語 丁寧語 言う おっしゃる 申し上げる 言います 食べる いただく 食べます いらっしゃる 参る 来ます 読む お読みになる 拝読する 読みます この通り、「尊敬語」は相手の行為に対して使い、「謙譲語」は自分の行動に対して使う言葉だというのが良く分かりますね。 【すごい と すごく の使い分けです。

7
つまり「読む」の尊敬語は、相手が何かを読むときに使う表現ということになります。